部分入れ歯

ひとりひとりに最適な部分入れ歯を提案します

審美性が高く、残存歯への負担が少ない「部分入れ歯」を提供しています

保険適用の部分入れ歯の場合、「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを残存歯に掛けて固定します。しかし、お口を開けた時にこのクラスプの金属色が目立ってしまい、口元の審美性を損なう場合があります。また、部分入れ歯を支えている歯に大きな負担がかかり、寿命を縮めてしまう場合もあります。その結果、抜歯にいたり、最終的に総入れ歯になってしまうケースも少なくありません。

 

こうした部分入れ歯のデメリットを解消するために、当院では審美性が高く、残存歯への負担が少ないものも取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。患者様のご要望をお伺いして、ひとりひとりに最適な部分入れ歯を提案します。

自費の部分入れ歯なら「ノンクラスプデンチャー」がおすすめです

部分入れ歯をお使いになる時には、クラスプを掛ける歯を良好な状態に保たなくてはいけません。そのため、歯茎のケアがとても重要となります。歯茎のケアを怠り、クラスプを掛けている歯が動揺してしまうと、部分入れ歯も一緒に動揺して、「部分入れ歯で歯を抜いているような状態」になってしまう場合があります。

 

保険適用の部分入れ歯では、クラスプを使って固定するしかなく、歯の上のほうに掛けるので、きちんとケアしないと歯がぐらぐらと動くようになってしまうことがあります。しかし、当院で取り扱う審美性が高く、残存歯への負担が少ない部分入れ歯「ノンクラスプデンチャー」なら、柔らかいプラスチック製の床部分を歯茎に乗せて固定するので、残存歯にほとんど負担をかけません。もし部分入れ歯で自費診療を検討されているなら、失った歯の本数にもよりますが、ノンクラスプデンチャーがおすすめです。

部分入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

クラスプ(金属のバネ)を使わない部分入れ歯です。見た目が自然で審美性が高く、従来の部分入れ歯よりも違和感が少ないのが特徴です。また、柔らかいプラスチック製の床部分を歯茎に乗せて固定するので、残存歯にほとんど負担をかけません。金属をいっさい使用しないので、金属アレルギーの心配もありません。失った歯の数が多い場合には適応とならない場合もありますので、ご希望の方は一度当院までご相談ください。

ノンクラスプデンチャーの特徴
  • クラスプを使わないので審美性が高い
  • 残存歯への負担が少ない
  • 従来の部分入れ歯よりも違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない

インプラントオーバーデンチャー

インプラント体を埋入して、それを支えとして入れ歯を固定する方法です。クラスプを使用する必要がないほか、クラスプを掛けるために健康な歯を削らなくてよいなどの特徴があります。高い安定感が期待できるので、従来の部分入れ歯よりも外れにくく、ものが咬みやすくなります。

インプラントオーバーデンチャーの特徴
  • クラスプを使わないので審美性が高い
  • クラスプを掛けるために健康な歯を削る必要がない
  • 入れ歯が外れにくくなる
  • しっかりとものが咬めるようになる

磁性アタッチメントデンチャー

強力な磁力を利用して、通常の部分入れ歯よりもしっかりと固定する方法です。残存歯の歯根部分と、入れ歯部分に磁石を組み込んで固定します。クラスプを使わないので審美性が高く、安定感が優れているのでしっかりとものを咬むことができるようになります。

磁性アタッチメントデンチャーの特徴
  • クラスプを使わないので審美性が高い
  • 安定感が優れている
  • しっかりとものが咬めるようになる
  • 簡単に取り外せるのでケアしやすい

部分入れ歯の保証について

部分入れ歯の保証制度を設けています

当院で部分入れ歯をお作りいただいた患者様のうち、半年に1回の定期メンテナンスをきちんと受けていただける方には、保証制度を設けております。保証期間などは患者様によって異なる場合がありますので、詳しくは当院までお問い合わせください。

健康を増進する入れ歯で健康な身体に

当院の入れ歯は咬み合わせのことをきちんと考えた入れ歯なので、全身の健康にも良い影響を与えます。

まずは入れ歯の作成の経験豊富な当院までご相談ください。

  • tel_078-577-6611.png
  • メールでのお問い合せ
staff staff blog