料金一覧

保険診療と自費診療の違い

保険診療は「既成服」・自費診療は「フルオーダー」

入れ歯は保険診療の範囲内でも作ることはできます。しかし、使える材料や工程数が制限されてしまうため、強度が弱く、変形率が高いのが実状です。一方、自費診療であれば、機能性や審美性、さらには耐久性に優れた入れ歯を作ることができます。そういう意味では、2つを洋服で例えると、保険診療は「既製服」、自費診療は「フルオーダー」であると言えます。

満足度の高い入れ歯をお求めなら、自費の入れ歯がおすすめです

保険適用の入れ歯のメリットは、費用が抑えられることです。また、半年に1回作ることができるので、「半年ごとに作り替えてもよい」ということであれば、保険適用の入れ歯を選ぶのもひとつの方法です。しかし、二度と同じ感触の入れ歯を作ることができないため、作り替えるたびに咬み心地が変わる可能性があります。

 

自費の入れ歯の場合、費用はかかりますが、お口の中が健康でありさえすれば、長期間にわたって快適にお使いいただくことが可能です。また、材料や工程数に制限がないので、品質の高い入れ歯を作ることができます。こうした理由から、満足度の高い入れ歯をお求めであれば、自費の入れ歯を選択されることをおすすめします。

各入れ歯の料金

※料金はすべて税抜表示です

ノンクラスプデンチャー 50,000円~(歯数によって異なります)
金属床入れ歯 チタン床:360,000円
コバルトクロム床:300,000円
アタッチメントデンチャー(部分入れ歯) 1床:300,000円~
インプラントオーバーデンチャー 1床:300,000円~

健康を増進する入れ歯で健康な身体に

当院の入れ歯は咬み合わせのことをきちんと考えた入れ歯なので、全身の健康にも良い影響を与えます。

まずは入れ歯の作成の経験豊富な当院までご相談ください。

  • tel_078-577-6611.png
  • メールでのお問い合せ
staff staff blog