よくあるご質問

よくあるご質問に、院長がお答えします。

よくあるご質問に、院長がお答えします。ご参考になさってください。
もうちょっと詳しく知りたい、こんなことが気になるというときには、お気軽にご相談ください。

Q.入れ歯が壊れたときには、修理はできるのでしょうか?

A.はい、できます。ただ、修理した箇所は、部分的に強度が低下してしまいます。同じように使っていては、将来的にまた壊れてしまう可能性が高いといえるでしょう。

Q.入れ歯が壊れる原因にはどんなものがありますか?

A.落とす、ぶつけるなどの事故的な壊れ方を除いてお話します。
まず入れ歯もモノですから、どれだけよい環境であっても少しずつ劣化します。その中で特に保険の入れ歯は、水をよく吸います。水分に含まれる不純物などを原因として、劣化が早まり、やがて力が加わったときなどに割れてしまいます。
また、入れ歯の機能的な問題として、咬み合わせ不良が挙げられます。入れ歯の咬み合わせがよくないと、噛んだときの力が均等に分散されません。入れ歯の一部に偏った力がかかり、壊れてしまいます。

Q.初診から入れ歯ができるまで、通院回数、期間はどれくらいでしょうか?

A.保険適用の入れ歯の場合は、4~5回のご来院(約1カ月間)、自費診療の入れ歯の場合は8~10回のご来院(約2カ月)が目安です。

Q.入れ歯の場合、保険診療と自費診療ではどのような点が違いますか?

A.入れ歯の材料、型取りに使用する材料、工程が異なります。また自費診療の入れ歯であれば、食べる、飲む、しゃべるといったお口の機能を組み込んだ型取りが可能になります。

Q.入れ歯はどれくらい長持ちしますか?

A.保険診療の入れ歯は、吸水率が高い材料を使うことになり、使い始めてから徐々に強度が低下します。早ければ、半年で壊れてしまいます。長くても、2年ほどでしょうか。
治療用義歯で型取りをして自費診療の入れ歯をつくり、定期的に調節を行えば、10年ほど使うことができます。最長では、25年間同じ入れ歯を使用されている患者様もおられます。
ただし、いずれも個人差があります。定期的に歯科医院で調整を行うことが大切です。

 

Q.なぜ、定期的に調整を行えば長持ちするのでしょうか?

A.入れ歯は使っているうちに、少しずつ咬み合わせが乱れてきます。そのままだと、偏った力によって、入れ歯にダメージが蓄積していきます。定期的に咬み合わせを調整すれば、常に噛んだときの負担が分散され、入れ歯のダメージの蓄積を最小限に抑えることができます。
また、調整のためにご来院になった際に、ダメージを早く見つけてケア(細かな修理)ができるという点も、入れ歯が長持ちする理由の1つです。

 

Q.初めての入れ歯の作製を考えています。しゃべりにくい、食べにくいということはありませんか?

A.しゃべる、食べるといった機能を組み込んだ治療義歯での型取りから自費診療での入れ歯をつくれば、しゃべりにくい、食べにくいということはないかと思います。
ただ、初めて入れ歯をつくられるということでしたら、まずは保険診療の入れ歯を使ってみて、入れ歯とはどんなものなのかを知るのもよいかもしれません。

Q.別の歯科医院でつくった入れ歯が壊れてしまいました。三戸岡歯科医院で修理してもらえますか?

A.はい。修理が可能です。また、調整にも対応します。
ただ、入れ歯の状態や割れた原因によっては、最初の型取りからつくり直した方がいいこともあります。

Q.入れ歯を使ったときの歯茎の痛みが心配です。

A.当院の場合、治療用義歯を使った入れ歯であれば、初めて装着したときからほとんど痛みはありません。痛み・違和感が残るときにも、微調整をさせていただきます。「慣れてください」と痛いままお帰りいただくことは決してありませんので、ご安心ください。

Q.入れ歯を使うと老けて見えるということはありませんか?

A.歯を失った状態から入れ歯を使用するのであれば、口元に張りがでてむしろ若々しく見えます。
長く入れ歯を使用されていて、なんだか老けて見えるという場合には、咬む高さが少なくなっている可能性があります。つくり直した方がいいかもしれません。

健康を増進する入れ歯で健康な身体に

当院の入れ歯は咬み合わせのことをきちんと考えた入れ歯なので、全身の健康にも良い影響を与えます。

まずは入れ歯の作成の経験豊富な当院までご相談ください。

  • tel_078-577-6611.png
  • メールでのお問い合せ
staff staff blog