インプラントと入れ歯の比較

入れ歯かインプラントかお悩みの方へ

入れ歯とインプラントを、客観的に比べてみてください

入れ歯というと、見た目がよくない、ズレる・ガタつく、噛めないというイメージが強く残っているかもしれません。確かに保険診療の入れ歯の場合には、そういったケースもある、というのが実際のところです。
しかし、入れ歯治療においても新しい製品・技術は開発されています。自費診療の入れ歯であれば、見た目のよい、ズレたりガタついたりしない、強く噛めるものをつくることも可能です。ぜひ一度ご相談いただき、入れ歯とインプラントを客観的な視点で比べてみてください。
特に若い方の場合は、「意外と入れ歯の方が合っていた」ということがよくあります。

どうしても決められないときには、まずは入れ歯から始めてみませんか?

インプラント治療では、インプラント体を顎の骨に埋入する手術を行います。また、治療が終わってからは、入れ歯と比べてかなり綿密なケアが必要になります。年齢を重ねて糖尿病を発症すると、脱落という最悪の事態に陥るリスクも増大します。
一方で入れ歯治療は、手術が必要ありません。半年に1回程度の定期的なご来院(メインテナンス)は欠かせませんが、ケアに伴う負担は、インプラントより軽くなります。身体への侵襲も少なく、ある意味可逆的な治療といえます。
インプラントと入れ歯のメリット・デメリットを知った上で、どうしても迷うというときには、まずは入れ歯を試されることをおすすめします。

入れ歯とインプラントの比較表

  入れ歯 インプラント ブリッジ
メリット ・保険診療に対応
・ケアが易しい
・審美性、咀嚼力、安定感などに長けた自費診療の入れ歯が開発されている
・審美性、咀嚼力、安定感のいずれにも優れる
・周囲の歯に負担をかけない
・保険診療に対応
・治療期間が短い
・保険診療の入れ歯よりは強く噛める
・人工歯にセラミックを使用するなどの自費診療にも対応
デメリット ・保険診療の入れ歯の場合、違和感が生じたり、金属のバネが見えたりといったことがある
・保険診療の部分入れ歯の場合、周囲の歯に負担をかける
・自費診療での対応(高額)
・治療期間が長い
・手術が必要
・健康管理やケアを怠ると抜け落ちてしまうことがある
・両隣の健康な歯を削る必要がある(神経を取ることも)
・取り付け後も両隣の歯に負担をかける
・ブリッジと歯茎の間に汚れが溜まりやすい(二次虫歯のリスク)
  入れ歯 インプラント
メリット ・保険診療の範囲内で作ることができる
・自宅でケアしやすい
・自費の入れ歯なら審美性の高いものを作ることができる
・天然歯に近い感覚でものが咬める
・見た目がきれい
・まわりの歯に負担がかからない
デメリット ・保険適用の入れ歯の場合、違和感が生じることがある
・保険適用の入れ歯の場合、クラスプが見えて審美性が損なわれる
・手術が必要になる
・治療期間が長い
・費用がかかる
・健康管理やケアを怠ると抜け落ちてしまうことがある

まずは入れ歯から始めてみませんか?

当院ではインプラントもおこなっていますが、入れ歯かインプラントかお悩みの方へは、「まずは入れ歯から始めてみませんか?」とお話させていただいています。インプラントを希望される理由はさまざまですが、そのひとつに「入れ歯の見た目に抵抗がある」ということがあるかと思います。

しかし、クラスプ(金属のバネ)が見えない審美性の高い入れ歯もありますので、お口まわりの見た目を気にせずに入れ歯を装着することは可能です。また、「よく咬めるようになりたいから」という理由もあるかと思いますが、当院には30年以上の入れ歯作りの経験がありますので、良く咬める入れ歯を作る自信があります。

 

まずは一度、当院の入れ歯を試してみてください。それで納得がいかない時に初めて、インプラントを検討していただければと思います。

インプラントを検討されている方へ「健康管理は大丈夫ですか?」

インプラントを希望される方には、必ず「健康管理は大丈夫ですか?」とお尋ねするようにしています。あまり知られていないことですが、糖尿病にかかると免疫力が低下して、インプラントが抜け落ちてしまうことがあります。リスクを理解せずにインプラントを検討されている方は、メリットだけでなく、こうしたデメリットも事前にきちんと確認しておくようにしましょう。

健康を増進する入れ歯で健康な身体に

当院の入れ歯は咬み合わせのことをきちんと考えた入れ歯なので、全身の健康にも良い影響を与えます。

まずは入れ歯の作成の経験豊富な当院までご相談ください。

  • tel_078-577-6611.png
  • メールでのお問い合せ
staff staff blog